競馬予想にしちゃんねる

中央競馬の重賞を中心に競馬予想します。

日本ダービー2016 予想 人気馬をジンクスで軸から外す!

 

競馬の祭典、日本ダービーが今年もやってまいりました(^^)

 

この一週間、いや皐月賞が終わってからずーっと悩んで参りました(これが終わったら一気に疲れがやってきそうで怖いですがw)

 

◎は上がり最速のこの馬

 

前走はダービーのための足慣らしという感覚で少し太めに仕上げていたのですが終わってみたらいつもの上がり最速の豪脚を繰り出し勝利。強豪馬と対戦したことがないということでオッズは下がっていますが、決して能力が劣るわけではなく、人気上位馬にも十分対応できると思います。

 

 

 

人気上位馬の危険なジンクス

 

まずは今回軸馬に関する消し要素を書こうと思います。

①1月生まれのダービー馬はいない

 

これは皐月賞も同じで1月生まれの馬が勝ったことがありません。今年も皐月賞馬は5月生まれのディーマジェスティーでした。

マカヒキ 1月28日生まれ

リオンディーズ 1月29日生まれ

サトノダイヤモンド 1月30日生まれ

上記3頭は人気上位馬でありながらこのジンクスのため、軸からは外させていただきました。

 

そしてもう一つのジンクスは「牡馬のディープ産駒はG1を複数回勝ったことがない」というものです。

複数回勝ってるのは全て牝馬で、ジェンティルドンナ、ショウナンパンドラ、ヴェルシーナの3頭。キズナなどは1度しかG1を勝ったことがないのです。(このジンクスは他のレースでも活用できるので、覚えておいたほうがいいと思います)

 

このジンクスに当てはまるのは1番人気のディーマジェスティ。さらにもう一つのマイナス要素は「左回りより右回りのほうが得意」皐月賞の圧勝で一般的にこの馬が世代最強という風に言われておりオッズも上がったのだと思うのですが、実は同馬は左回りのほうが苦手。今までの戦績を見ていると左回りが多く、とくに東京では好走歴が多く左回りが得意と思われてますが実は逆で、皐月賞の前に調教師のコメントで「左回りだとコーナーでもたつくが、右回りだとスムーズなので皐月賞は好走できる」というコメントを出しているのです。さらに同馬は出遅れ癖があり、差し馬の多い同レースでは不利になると思います。

 

桜花賞も見事に的中!スナギツネさんの日本ダービーの予想しるし

 

 

PR 今なら月額800で日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」が見れる!元騎手佐藤哲三さんが日本ダービーをきる